システム開発・運用・保守

採用情報

 

ベルテックスだから実現する、ゼロからの成長ストーリー

文系・未経験でもOK。ヒューマンスキルを伸ばしながらエンジニアを育成しています

業務用アプリから会計システム導入、パッケージソフトを通じ、多くの企業へトータルソリューション を提供するベルテックス。今回は文系出身の先輩3名にご登場いただき、それぞれの成長ストーリー を語ってもらった。


さまざまな役割を果たし、顧客の期待に応える醍醐味を感じています

実はベルテックスに入社する前、私は地方の運送会社で会計事務の仕事に携わっていました。その私がエンジニアを志すキッカケ となったのが、当時の会社でのシステムの入れ替え。この時にシステムエンジニアという仕事を知ることとなり、興味が講じて 専門学校へ入学して情報処理を学んだ後に転職。当時のベルテックスはまだ設立して間もなかったこともあり、今よりも小さな 組織でした。こうした環境ならば、先輩も懇切丁寧に指導してくれると思ったのが入社動機。実際に指導にあたった先輩の指導 を受けながら、多くの経験を積んでいきました。なお、当時の先輩は今もエンジニアとして在籍中。定着率はいい方だと思います。 システムエンジニアというと、1つの職種と思い込んでいる方もいるでしょう。ところが、実際にはクライアント先との商談から 設計、開発、導入、運用や保守にいたるまでさまざまな仕事を能力やキャリアに応じて担当する仕事です。一般的には新人や キャリアの浅い若手は、導入後の運用・保守などの下流工程を何年かにわたって経験し、徐々に企画や設計などの上流工程に 携わっていくもの。ところが当社は先輩と一緒にですが、早い段階で上流工程に携わることができる。 私も入社2年目から商談の席に参加させていただき、経験を積むことで成長することができました。なお、この若手に多くの 経験を積ませる方針は現在も継続しており、私もリーダーとして若手をフォローしながら比較的自由に仕事を任せています。 企業が当社の会計システムを導入する目的は、主に業務効率と生産性の向上です。その期待に直接応えられるのが、 この仕事における一番の醍醐味。課題のすべてをクリアした時、大きな達成感を得ることで成長できます。当社は大手との 取引も多いので、解決すべき課題もさまざま。そこで大事になってくるのが、関係各所とのコミュニケーション。 特に外部のプロジェクトに参加する場合、その企業の一員として作業に携わることになるので、周囲との協調をはかる意識 を高く持つ必要があります。そのため、若手に対しては、きちんとコミュニケーションをはかるように指導しています。 現在、私はパッケージソフトの開発に携わっており、多くの企業への導入をめざしています。その目標の実現に向けて後輩 の指導にも力を入れ、一緒にこのプロジェクトを盛り上げていきたいと思います。(T.Nさん)


学生の方へメッセージ

私たちベルテックスの採用方針は、ズバリ「人物重視」であること。学生時代にどのようなことを学んできたかも大事かもしれませんが、 それ以上にエンジニアとして活躍したいという意思を持った方を一から指導し、一人前へと育て上げることが設立以来の基本方針です。 実際に理系だけではなく、文系出身者も数多く採用し、第一線で活躍するまでしっかりと育て上げています。 それでも入社後に雰囲気に馴染めるか、先輩たちとうまくやっていけるか不安に思う方もいらっしゃるでしょう。その点においても 私たちはアンマッチを起こさぬよう、内定後、実際に先輩の指導を受けながらシステム開発の疑似体験を実施しています。 ここではどのような先輩が在籍し、どのような雰囲気の中で、どのような作業に関われるかが体験できますので、 万全の体制で4月の入社日を迎えることができます。なお、この期間中に1年上の先輩との食事を通じて、会社のことを本音ベースで 聞くこともできます。 当社は決して大きな会社ではありませんが、大手には負けない人間関係の良さがあると自負しています。特に若手の育成に関しては、 みんなで面倒を見て育てるという風土が確立。社内環境が充実しているからこそ、誰もが大きなやりがいを感じながら成長できている のだと思います。まずは一度、当社の雰囲気を感じにきてほしいと思います。